重金属デトックスLABO

身体に溜まった重金属をデトックス♪すっきり元気生活のすすめ

HOME » 重金属のデトックス知らないと怖い話

重金属のデトックス知らないと怖い話

体に重金属が溜まる原因や、それによって引き起こされる症状など、重金属のデトックスについて知っておきたい基礎知識を解説しています。

重金属と聞くと、日常には縁のない特別なもののように思うかもしれません。ですが、普通に日常生活を送っているだけでも、知らず知らずのうちに体内に入り込んで蓄積されていくものです。

たとえば、鉛管を使用した水道水や汚染された空気など、意識せず取り入れているものの中にも重金属は含まれています。

喫煙、殺虫剤、染料、化学肥料など、少し体に害はありそうに思われるけれど、一見「重金属」というイメージをもたないものまで、そのルートとなるものは以外と身近にあるものです。

なかでも水銀は、私たち日本人の体内蓄積量が多い重金属だといわれています。これは、よく食卓にのぼるマグロなどの魚介類に、水銀が蓄積・凝縮されているためです。

体内に重金属が蓄積されていくと、腎臓や胃腸などの内臓器官に障害をもたらすことがあります。重篤な症状になると、死につながるケースもあるのです。

それほど重い症状でなくとも、貧血や下痢、嘔吐、腹痛、疲労感、めまいなど、「少し調子が悪いかな」という程度の症状として現れることもあります。日ごろ感じている体の不調は、もしかしたら、重金属の蓄積によるものなのかもしれません。

過去には、水俣病やイタイイタイ病など、重金属中毒の症状によって引き起こされた事件もあります。そうした事件についても紹介していますので、重金属デトックスがいかに重要なのか、あらためて考えましょう。

 
重金属デトックスLABO